遺伝とAGAは関係があるのだろうか

遺伝

薄毛の人はほとんどが遺伝と言われています。これはあながち間違ってはいません。しかし親が禿げていないから俺は大丈夫だ、パーマを当ててもカラーをしても禿ることはない、などと思っていてはいけません。たとえ親が禿げていなくても禿げの遺伝の可能性はあります。ではどの世代まで遺伝があるのでしょうか?そこを詳しく見ていき、これからの育毛について注意していきましょう。

親の薄毛

まず見るべきは自分の親です。自分の親は顔や体型も似ているので、もちろん禿げ方も似てきます。もし親が薄毛ならいつごろから薄毛になったのか、もともとデコが広かったかなどを聞いてみましょう。そして自分の頭皮の状態と比較し、これから薄くなってくるのか、それともまだ大丈夫なのかなどを確認しましょう。

祖父の薄毛

親がはげていなくても、祖父の遺伝で薄毛になるということがあります。隔世遺伝という遺伝で、結構ある遺伝の仕方です。そして頭皮の場合は母方の祖父を見るというのがいいとされています。ここが薄毛でなければ、なかなかいい遺伝ということになります。

兄弟の薄毛

兄が薄毛で弟がフサフサというパターンやその逆、もしくはどちらも薄毛のパターンがあります。親族に薄毛が1人でもいれば薄毛のリスクがあるということになりますので、自分だけがフサフサということになっても油断せずに注意しておきましょう。

上記のパターンの他にもさまざまな遺伝のパターンがあります。さらには遺伝で起こっていない薄毛もあります。なので一概には薄毛は遺伝と言えないのですが、やはり遺伝の要素は強いです。親族の薄毛のパターンを自分と照らし合わせ、これからの頭皮の状態を予想しましょう。遺伝はとても強く顕著に現れます。遺伝はどこまで気にすればいいのかというと。隔世遺伝世代の祖父の代まででいいでしょう。現実的にこの世代までしか確認できないと思います。今では薄毛を遅らせたり、現状維持する治療がありますので、遺伝の傾向を先読みすれば、薄毛の予防策は効果的になります。