AGA(男性型脱毛症)妊活している男性は育毛剤は飲まない方が良い!

最近では不妊治療の問題も良く聞きますが、男性の不妊の理由の一つに育毛剤ではないかと、いう話もでています。もし不妊治療中の男性で育毛剤を飲んでいる方がおられたら、その薬少しストップです。
男性ホルモンを制御する成分(フィナステリド)が含まれている育毛剤には、精子数を減少さすという症例もあります。

【プロペシア(フィナステリド錠)の成分】

プロペシア(フィナステリド錠)の持っている副作用の一つに記載されているもので、「精子の質の低下」という部分で言われているのではないかと思われます。
内容的には、精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常(頻度は不明)と実際に書かれていますので、確かに妊活中の男性には少し怖い内容ですね。
実際に副作用が出ているのかは、精子の数を調べないと分からないのが問題ですよね。副作用がないのなら使用していたいですし。でも、わが子をこの手にと思うのと、パートナーである女性も副作用がある薬を飲んでる状態での妊娠を望むかという問題もあります。もし、妊娠しても子どもに副作用の影響はないのか?と不安になる場合もあるでしょう。
妊活中の男性もしくは、結婚の予定がある男性は少し考えなくてはいけない事かもしれません。

【副作用のでる頻度は?】

薬の内容にも記載されているように個人差だと思います。精子の数を調べない限り分かりませんし。ですが、症例として、性欲が減退しているという男性は多いそうです。
副作用の出る確率は1%~多くて数%だそうで、処方する医師は「副作用を過度に意識しないように」と言うそうですが、2014年4月にアメリカ食品医薬品局(FDA)では、フィナステリドの副作用を認めている以上は無視できないですよね。

【フィナステリドは女性が触れる事を避けるべき薬でもあります】

厚生省では、フィナステリドの勃起障害や性欲減退についての副作用は記載ないのですが、女性と小児に対しての厳重な注意を促しています。それには、訳があり、女性が触れてはいけない薬でもあるからです。
男の子を妊娠中の女性がフィナステリドを触ってしまった場合、体内にプロペシアの有効成分が入ってしまったとき、口からでも皮膚の付着からでも吸収されてしまった場合、男の子の生殖器に異常を起こす恐れがあるそうです。
※妊活期間や妊娠の期間は短いものです、その間は使用を止めた方がいいのではないでしょうか?不安は減らした方が安心です。