AGA(男性型脱毛症)若ハゲとは?若ハゲの治療方法

若ハゲという言葉に嫌な気分になる方もいますが、なぜ若ハゲというのでしょうか?そもそも若ハゲとは何なんでしょう?
高校や大学を卒業し就職したりと最初の転機を迎える20代前後から薄くなってしまった方たちの事を指して世間ではそういいます。

ただ、答えを言ってしまうようですが、そんな若ハゲの方も悲観する前にAGA専門の病院にいってみましょう。中には初回カウンセリング無料のクリニックもあります。AGA専門ですので自分が気になっている様々な問題を解決してくれると思います。

【若ハゲになる原因と症状】

『症状』主に20代、30代の若い頃に起こる早期の薄毛の症状やAGAなどを若ハゲという事が多いです。M字を描き両脇の生え際から後退、額が広くなる、抜け毛が激しく多い場合などは若ハゲの始まりですので要注意です。
若ハゲの原因として遺伝もありますが、ストレスも大きく関係してきます。社会にでて人間関係や慣れない仕事などでストレスが増え暴飲暴食なども原因の一つになります。社会人になり羽目を外して睡眠不足、遊びすぎて生活環境の乱れによるAGAもあります。
最初はこの程度だし、と思うかもしれませんが、若い頃のAGAは恐ろしいスピードで進行していきます。若い時だからこそ、治療が必要になってきます。
最初に進行を抑えなければ、ドンドン薄毛は進んでいきますし、誤った方法で自己治療してしまいますと、大切な毛根をダメにしてしまい、二度とそこに毛が生えないなんて事も普通に起こります。

【若ハゲの進行を自分でちゃんと把握しよう!】

抜け毛が気になりだしたら、頭皮のチェックは欠かさず行ってください。あまり神経質になっても悪化させてしまいますが、注意は必要になります。
若ハゲは発見が早ければ進行を遅らせたり、対処をキッチリ行えば育毛や発毛します。
頭皮トラブルで起こっているのであれば、頭皮の状態を正常に戻し食生活やライフスタイルの見直しでAGAは改善できます。毛根が死ぬ前に対処しなければ毛根が死んでしまってからでは遅いのです。
AGAを気にして病院に行かないのは悪循環ですし、恥ずかしい事と思わず、先のためと治療を考えてみてはどうでしょうか!
時期を逃してしまうと本当に取返しがつかなくなってしまいます。

【気になりだしたら、しておいた方が良い事は?】

頭皮トラブルは避けましょう!フケなどが出だしているのであれば、洗髪のしかたの見直しや、薄毛や抜け毛が気になりだしたら、アミノ酸系のシャンプー、育毛シャンプーなどに変えるなどはした方が良いと思います。
食生活では必要以上の脂質を摂らないなど、お酒やたばこも少し考えた方が良いでしょう。何もかもを止める事は無理でも良質の睡眠と食生活の改善、シャンプーの仕方くらいなら努力できるのではないでしょうか!